相談カウンター

結婚式相談カウンターは絶対に行くべきです

更新日:

一生に一度の結婚式。

かけがえのない、最高の思い出を将来の自分たちに残したいですよね。

でも世の中には、思っていたのと違った、想定以上にお金がかかってしまったなど、何かしら自分たちの式を後悔してる夫婦も多くいます。

当サイトでは、あなたが、内容、お金の両面で絶対に後悔しない最高の結婚式を挙げるための初めの大きな一歩として、結婚式相談カウンターに行くことを推奨しています。

なぜこれほど強くオススメしているのかというと、私の実体験がもとになっているのです。

結婚式相談カウンターに行くべし!と思うに至った私の体験

情報の海に溺れて一向に前に進まない

去年の夏、私は奥さんにプロポーズし、見事OKをもらい、お互いの親への挨拶を済ませ、一息ついたところでした。

その時点では、式を挙げる場所も人数も何も決まっていない、何なら式を挙げるかどうかすら決まっていない状況でした。

奥さんは毎日仕事を終えてから、一生懸命情報収集をしてくれていましたが、私は正直、奥さんの好きなようにしてくれればいいや、あまり関わらなくていいか、とお任せしていました。

そんなある日、奥さんが体調を崩し、珍しく弱音を吐いたんです。

「なんだかもう疲れた・・・」

このとき、全て押し付けていた自分にようやく気付き、これじゃだめだ!と反省しました。

とりあえず動いてみようよと、奥さんがインターネットで見つけた結婚式場に見学に行ったのです。

これが大きな間違いでした。

最初の結婚式場選びの失敗

結果的に、プラッと行ったその式場で、私たちは当日限りの特典値引き!などで見事に丸め込まれ、他の式場も特に吟味しないまま成約してしまいました。

そんな馬鹿な、と思われるかもしれませんが、実に60%以上の方が1~2件目で成約しているという驚くべきデータがあります。

多くの人が私たちと同じような状況なのです。

これは近年顕著に目立っている式場の囲い込み戦略によるもので、これにまんまと乗せられないことが重要なのです。

詳細はこちらの記事を御覧ください。

その後打ち合わせをはじめましたが、当初見積もりからプラス110万円まで膨れ上がった追加料金、成約時点では言われていなかった余興の制限や、プランナーの対応等に憤りを覚え、最終的にこの式場はどうしても納得がいかず、60万円のキャンセル料を払って式場を選びなおし、挙式の日取りも延期することに決めました。

結婚式相談カウンターに行ったら全てが動き出した

次こそ絶対に失敗したくなかった我々は、まず有名なゼクシィ相談カウンターに行きました。

初めて相談カウンターで過ごした時間は、何もかもが目からウロコで、衝撃的でした。

自分たちの要望を丁寧に聞いてもらい、どんどん状況が整理されていきます。

自分たちの式はどんなイメージで、どんな方をメインにゲストに呼び、外せない演出はどんなものか。

前の式場はスタッフの対応がいまいちなこと、余興の自由度が少ないことなども、カウンターの方は熟知していました。

なんではじめからここに来なかったのか、本当に後悔しました

また多くの式場は、カウンター特典というものを設定しており、全く同じ日程、同じ内容でも、個人でプラッと行った場合と比べて平気で50万円~100万円もの大きな値引きをすることも、初めて知りました。

改めて要望が明確になったところで、いくつかの式場候補を挙げてもらい、その中から式場見学予約までしてくれました (しかも全て、試食のある日程を選んでくれました) 。

ここまでにかかった時間は1時間半。

調べてみると、カウンターによって、紹介できる式場タイプや数、キャッシュバックの有無、同じ式場でも割引額や、見積チェックの有無等の違いがあることが分かってきました。

そこで、他の結婚式相談カウンターにも足を運び、実際に斡旋された式場に見学に行き、カウンターで話した要望通りの式場を紹介してくれているか、割引額はどこが一番大きいのか、比較検討したのです。

その結果、我々はサービスに満足したマイナビウェディングカウンターを経由した式場と一気に契約までこぎつけることが出来ました。

もちろん、自分たちの要望を全て叶えられる式場で、見積もりをプロの目でしっかりチェックした上で スペシャルプランで価格も抑えられて、 二人とも心から納得できる内容でした。

ちなみにあまりに嬉しすぎて、その後2日間、うまく眠れなかったのは良い思い出です。

そして、当サイトでも紹介しているような費用を抑える技を駆使しながら、大変だけどとても充実した準備期間を経て、当日を迎えることが出来ました。

最終的に、1度目の式場のキャンセル料60万円を考慮しても、予算内で式を挙げることができたのは自分たちでも驚きでした。

もちろん、本番は思い描いたとおり、今思い返しても、満足の行く結婚式でした。

やはり、全ては結婚式相談カウンターに行くところからうまく回りはじめたので、本当に行って良かったです。

 

もし結婚式相談カウンターに行っていなかったら…

結婚式相談カウンターに行くと、短時間でどんどん自分たちの要望を明確にし、効率よく式場を見つけることができ、気持ちが軽くなります。

そんな状態で見学に行けるからこそ、悔いのない選択ができます。

当初の私たちのように、ネットや雑誌だけだったらこうはいきません。

仕事が忙しいことを理由にして、準備が後回しになって、どんどん先延ばししてしまいます。

ダラダラといつまでも情報収集し続け、まだいい条件があるんじゃないか、とあてもなくさまよい、何を大切にしたいのかがぼんやりとしたまま最後は時間がなくなってきて、なんとなく決めてしまいます。

そして、式場で提案されるがままに進めていき、追加料金が次々に発生し、泣き寝入りのようにお金を払う。

私たちの場合は途中で思い切ってキャンセルしましたが、いったん親族や上司に挙式の日程等を伝えてしまうと、簡単にキャンセルや変更はできないでしょう。

これでいいのかな、と心のどこかで思いながら準備をするのは精神的に辛く、人生の晴れ舞台である結婚式が台無しになってしまう可能性すらあると思いませんか?

 

そして外せないのがお金の問題です。

我々の場合は、最終的には、地方の平均額から最終的に150万円以上安くなりました。

内訳はざっくり、式場成約時の特典や交渉による部分が90万円、その後の準備段階における節約で60万円です。

最も重要だったと感じているのは、式場との契約成立前に、式場から出された見積を仲介カウンターでチェックしてもらったことです。

改めて、自分たちの要望とあっていない部分や過剰な部分を見てもらうと、またも追加料金が多く発生する見込みであることが判明し、予算オーバーになる可能性が高い、ということがわかりました。

そこで、カウンター担当者が式場と何度も丁寧に交渉してくれた結果、見積金額内にすべての要望を詰め込んでもらえた上、かつ10万円のオマケまでもらえたのです。

全体の費用から言えば10万円って大きい数字じゃないんですが、冷静に考えたら、10万円って大金ですよね!

そして「持ち込みによる節約を考えている」と以前カウンターで話したのを覚えてくれていて、本来式場側で設定されていた持ち込み料も無しになるという、細やかな交渉まで行ってくれてました。

これら全て、カウンターが間に入ってくれていなかったら、自分たちではとても無理でした。

まずどんな交渉が必要なのか気づけませんし、個人で交渉した場合、せっかくのお祝い事、これから何カ月も準備を一緒に進める相手なのに値引きをゴリゴリやるのは気持ち的にきつくて、1回頑張って値引きしてもらったらもうおしまい、っていう感じではないでしょうか。

結婚式はハッキリ言うと、全てがありえないほど高いです。

素人にはわからない相場があり、式場側がどんなに高値でふっかけても「そんなものか」と納得してしまえば、我々はそれだけ損をすることになります。

そんな消費者側の立場や思いを汲んで、プロの目線で最大限、交渉代行してくれるのもカウンターの重要な役割なのです。

 

こうして無事に素晴らしい式場と再成約、本当に良心的で楽しいスタッフの皆さんと我々二人、協力して結婚式を作り上げ、家族・友人・会社の方へ晴れ姿を見せることが出来、当日本当に幸せそうだった奥さんの姿が今でも目に焼き付いています。

これが何よりうれしかったことです。

あのとき、相談カウンターにも行かずにまた一から我流の準備を貫いていたら、もうお互いに精神的に疲れて、いつの間にか心の距離が離れていったのではないかと思うとゾッとします。

新郎・新婦二人で作り上げるための第一歩が結婚式相談カウンターに行くことだったんだな、と今では思います。

ということで絶対に結婚式相談カウンターに行きましょう!無料です!

以上、長々と書いてきましたが、とにかく結婚式相談カウンターを利用しない理由がありません

これだけいいことがあって、そして、無料、です。

何回行っても無料です。

活用しまくりましょう。

 

結婚式って、あなたの人生にとって輝かしいイベントです。

 

そんな楽しいはずの結婚式の準備に対して、私が奥さんに任せきりにしていたときに味あわせてしまった孤独感・不安を抱えているとしたら…

そしてよくわからないまま大金を払い、ベストかどうか自分でもわからない式場でなんとなく済ませて、後悔が残ったら…

 

そんな思いをする人がいなくなることを願って、この記事を真剣に書きました。

一人で悩まず、相談しましょう。

あなたにとって悔いの残らない最高の結婚式となることを願っています。

 

まずは大手3社無料の結婚式相談カウンターに行ってみましょう!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

マイナビウェディング

関東から近畿エリアを中心に多くの式場を掲載しているのが「マイナビウェディング」

無料のサポートデスクが全国各地にあり、Web上での相談もできます。

マイナビウエディング,ブライダルフェア,結婚式,結婚式場

ハナユメ

ローラさんの結婚式で有名な「ハナユメ」

写真が多く掲載されており、見やすく、独自の割引があることが特徴です。

ハナユメ無料相談デスクの体験レポートも是非読んでみてください。

【ハナユメ体験談】デメリットも隠さず本気でお伝えします

続きを見る

ゼクシィ

結婚情報誌の代表ゼクシィ

式場数やエリアカバーの広さはさすがです。

無料の相談カウンターは全国に用意されており、手厚いサポートが期待できます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは、長田です。
このサイトでは、結婚式準備に悩む人に、特にお金の面で後悔しないようにするための情報発信をしています。

まず私自身の結婚式のことをご紹介すると、内容に妥協せずに、同地方、同規模の平均額から150万円近く抑えることに成功しました。

式後、同僚や親族からも好評を得て、男の自分からしてもやって本当に良かったな、と胸を張って言える結婚式・披露宴でした。

結婚式というものは内容を簡素にすれば、平均額から150万円抑えることは正直言って容易ですが、そういった激安プランの実態は、内容的にも料理のランクは最低・ドレス1着のみ、など最低限のものとなります。

つまり、内容も満足させた上で、平均額から150万円抑えるというのは簡単にできることではないので、それを達成できたというのは自分自身でよくやったな、と思います。

しかし実は、準備段階で、全てが順調だったわけではありません。

最初は式場選びで大失敗し、60万円という高額なキャンセル料を支払って、一から式場を選びなおした経緯があります。

この失敗を糧に積極的に情報収集をはじめ、最終的には大満足の結婚式を挙げることが出来ました。

これをきっかけに結婚式業界に関心を持ち、今では式場選びから準備段階全般のアドバイザーをしています。

一生に一度の結婚式、それはつまり、私達は結婚式の初心者だということです。

そこをうまく利用し、簡単に大きなお金が動くのが結婚式業界です。

逆に言えば、知っているだけで、数十万円レベルで簡単に得する技が数多くあります。

私自身、今ならば、もっともっとお得に式を挙げられただろうと思うことがいくつもあります。

結婚式関連サイトは数多くありますが、私はどこの回し者でもありません。

式場選びの失敗と成功を両方経験した一顧客の立場から、お得に最高の結婚式をしたい!と願うあなたに、正直ベースで、本当に役立つ情報をお伝えします。

さらに詳しい自己紹介・結婚式への想いはこちらからどうぞ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

-相談カウンター
-, , ,

Copyright© コスパ最強の結婚式をしよう! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.