基礎知識

【裏技】式場の即決割引を延長する方法

投稿日:

 

そろそろ式場見学に行くけど、ネットの情報を見ると見学の最後に即決を求められるみたい。

その場で決めて後悔したという話も聞くし、正直即決は避けたい。

でも、即決割引で安くなるとも聞くし、どうしたらいいの?

ブライダルフェアや式場見学に行くと、その場で即決を求められることが多々ありますので、式場の営業戦略をお伝えした上で、即決を迫られた時の裏技を伝授します。

この記事を読み終わると…

  • 式場の営業戦略を理解し、即決割引を最大限活用する方法を知ることが出来ます

 

この記事の内容

即決割引って何?
裏技!?正直にありのまま伝えよう
結婚式相談カウンターの担当者に相談する

即決割引って何?

楽しいブライダルフェアや式場見学の最後には必ず商談の時間が設けられており、プランナーにとってはここからが本番です。

当日の流れのまま契約に持ち込めなければ、お客を逃がしてしまう確率がぐっと高くなるため、即日契約を得るために交渉をしかけてきます。

一度契約してしまえば後はキャンセル料で囲い込めますから、強引にでもその場で契約を成立させようと必死なのです。

これを知らずに軽い気持ちでフェアに参加したカップルは相当面食らうはず。

なんとなく式場見学に行って、そのまま即決してしまい、後悔したというカップルを数え切れないほど目撃してきました。

近年どこの式場でも使われているのが、即決割引という手法です(当日特典、フェア特典など名称は様々ですが、実態は同じです)。

内容は、「今日契約してくれるあなたに限り、数十万円お安くしますよ」というもの。

式場や挙式時期によっても異なりますが、割引額は50万円~100万円にものぼります。

どうですか?

100万円も値引きされたら、グラグラっと心が揺れ動いてしまいますよね。

自己紹介でも書いたとおり、私自身がまんまとこの手法で即決してしまいましたので、痛いほど気持ちがわかるのです。

明日になればもうこの割引は使えません、と半ば脅すようにその場での契約を促しているのですね。

他の式場も皆同じようなことをしていると知らなければ、「これを逃すのはもったいない」と焦り、えいや!と契約してしまいます。

こちらの記事で、ベストな式場を探すためには比較検討が不可欠なので、最低3件は見学に行きましょうと書きました。

最終的に、うまく即決割引を利用してお得に成約するため、本命の式場は見学日程の最後に設定することをおすすめしていますが、もしも1件目、2件目で本当に素敵な式場に出会ってしまったとき、この先もっといいところに出会えるのかわからないからキープしたい!でも即決割引を失ってしまうのは嫌だ!

という状況は十分に考えられます。

こんな時の打開策も、実はあります。

ここからは番外編で、私の個人的な経験に基づく裏技を紹介させて頂きます。

裏技!?正直にありのまま伝えよう

これが裏技!?と思われたかもしれません。

それくらいシンプルですが、案外これをやってみる方は少ないのです。

以下、実際の体験談です。

元々、それほど希望度が高くない式場に見学に行ったときのこと。

実際に見学してみると、意外と設備もいいし、料理も美味しいし、何よりスタッフさんがとても魅力的!

一気に候補として急浮上してしまったのです。

そして、見学の最後、例のごとく即決割引を見せられましたが、過去に痛い目にあった教訓から即決はしないと固く誓っていましたので、

「私たちは全部で〇件見学予定で、全部行ってみるまで成約しないことにしている」

「あと〇件見学が残っていて、最後の見学は〇月〇日〇時からで、これが終わり次第決めたいと思っているので、即日成約割引の適用をその日まで待ってもらえないか」

式場担当者に素直に、そして真摯に伝えました。

「それくらい悩んでいただけるならお待ちします」

嬉しい返事をいただけました。

結局、この式場と契約はしませんでしたが、お断りの電話を入れたときも「素敵な結婚式となりますよう願っております、末永くお幸せに」と言っていただけ、本当に気持ちのいいサービスをしていただきました。

もちろん全ての式場で対応してくれるわけではありませんが、私の経験では、約半数の式場がこれに応じてくれました。

式場側としても、かなり気に入ってもらえているのに、 即決割引にこだわるあまり成約のチャンスを逃す、というのは本意でないからです。

またこういうところにフレキシブルに対応してくれる式場は、顧客に寄り添ってくれている証拠ですので、式当日まで、気持ちよく一緒に準備を進められる可能性が高いと思います。

成約後打ち合わせ段階に入り、「式場の人がお金儲けのことしか頭になく、全く祝福してくれている感じがしない!」と嘆くカップルを多く見てきましたので、個人的にはスタッフの対応は重視したいポイントです。

結婚式相談カウンターの担当者に相談する

もう一つの方法が、「結婚式相談カウンターの担当者に相談する」です。

相談カウンターの担当者は、取り扱い式場とは太いパイプがあり、個人で交渉するよりも融通が利くケースが多いです。

「カウンターの見積もり添削サービスで最終確認してから成約したい」

と言えば、即決割引を待ってくれる式場もあります。

一度カウンターに見積もりを持ち帰ることができれば、プロ目線の添削の中で改たな要望も加味し、本当にお得なあなただけのパッケージプランを、相談カウンター担当者が改めて直接式場と交渉してくれます

すると、「即日成約割引の延長」以上の旨味がある可能性が大いにあります

式場の展開する営業トークや割引適用ルールなどはうのみにせず、困ったら、相談カウンターになんでも相談すれば、きっと道は開けますよ。

またこういった細やかなアフターサービスを受けるためにも、式場見学時点からカウンターを通しておくことをおすすめします。

各社の特色と、ベストな組み合わせの活用方法については、こちらの記事をどうぞ。

ゼクシィ・マイナビウエディング・ハナユメを徹底比較!ベストな式場を最安値で押さえるための結婚式相談カウンターの活用方法

続きを見る

 

自分で交渉する場合もカウンターを通す場合も、大切なのは、式場側に期日を明確にすること

数日なら交渉の余地ありですが、数週間レベルの延長はほぼ不可能でしょう。

良心的な式場ほど無茶な営業とわかってやっていますので、勇気を出して言ってみれば意外と対応してくれます。

あなたの大切な結婚式、後悔が残らないよう、「まあいいや」で決めてしまわないようにしたいですね。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは、長田です。
このサイトでは、結婚式準備に悩む人に、特にお金の面で後悔しないようにするための情報発信をしています。

まず私自身の結婚式のことをご紹介すると、内容に妥協せずに、同地方、同規模の平均額から150万円近く抑えることに成功しました。

式後、同僚や親族からも好評を得て、男の自分からしてもやって本当に良かったな、と胸を張って言える結婚式・披露宴でした。

結婚式というものは内容を簡素にすれば、平均額から150万円抑えることは正直言って容易ですが、そういった激安プランの実態は、内容的にも料理のランクは最低・ドレス1着のみ、など最低限のものとなります。

つまり、内容も満足させた上で、平均額から150万円抑えるというのは簡単にできることではないので、それを達成できたというのは自分自身でよくやったな、と思います。

しかし実は、準備段階で、全てが順調だったわけではありません。

最初は式場選びで大失敗し、60万円という高額なキャンセル料を支払って、一から式場を選びなおした経緯があります。

この失敗を糧に積極的に情報収集をはじめ、最終的には大満足の結婚式を挙げることが出来ました。

これをきっかけに結婚式業界に関心を持ち、今では式場選びから準備段階全般のアドバイザーをしています。

一生に一度の結婚式、それはつまり、私達は結婚式の初心者だということです。

そこをうまく利用し、簡単に大きなお金が動くのが結婚式業界です。

逆に言えば、知っているだけで、数十万円レベルで簡単に得する技が数多くあります。

私自身、今ならば、もっともっとお得に式を挙げられただろうと思うことがいくつもあります。

結婚式関連サイトは数多くありますが、私はどこの回し者でもありません。

式場選びの失敗と成功を両方経験した一顧客の立場から、お得に最高の結婚式をしたい!と願うあなたに、正直ベースで、本当に役立つ情報をお伝えします。

さらに詳しい自己紹介・結婚式への想いはこちらからどうぞ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

-基礎知識
-,

Copyright© コスパ最強の結婚式をしよう! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.