基礎知識

費用で喧嘩したくなければ絶対知っておくべき「お金の流れ」

更新日:

 

結婚は決まった。一生の思い出になる結婚式がしたい。

でも、300万円もの大金が動くとなると思うと不安。

彼と一緒にうまく準備できるかしら。

 

約半数のカップルが結婚式の準備で喧嘩をすると言われています。

その中でも特に火種になりやすいのが費用面です。

会社員が一年間で稼ぐくらいのお金を一度に支払うわけですから、揉め事になりやすくなるのも頷けます。

でも、大切な結婚式の準備で喧嘩ばかり、嫌なムードで結婚式本番を迎える、というのは避けたいですよね。

今回は、そんなあなたに、絶対に知っておいて欲しい費用にまつわる基礎知識をお伝えします。

この記事を読むと、結婚式に関するお金の流れを理解できるようになり、彼との準備でも余裕を持って対応できるようになります。

 

この記事の内容

結婚式費用の見積もりから支払いまでの流れ

式場を決める前に最低限把握しておきたいこと

 

結婚式費用の見積もりから支払いまでの流れ

結婚式費用の見積もりから支払いまでの流れをものすごくシンプルに示したものがこちらです。

お金に関する流れ(一例)

6ヶ月前 式場見学(見積受領)→式場決定
2週間前 内容と見積の最終確定・入金
当日 ご祝儀をいただく

簡単ですね。

式当日の2週間前に内容が最終確定し、入金する金額からご祝儀を差し引いたものが自分たちの持ち出しとなります。

もちろん、ご両親からの援助があれば、その分持ち出しは減りますね。

重要なのは、

ポイント

見積もりをもとに式場を決めるのが半年前、内容が最終確定し入金するのが2週間前

ということです。

式場を決めるときの見積もりと最終金額を比べると、最終金額のほうが高くなる傾向があります。

ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べによると、以下のような結果(全国平均値)です。

実際に支払った金額が式場を決めるときの見積もり金額より上がった人の割合は78%

上がった金額は101万円 

招待客数60人の式の平均最終額が約300万円、ご祝儀平均額が200万円ですので、単純計算で多くの人が式場見学時点で約200万円(自己資金0円)のつもりで成約しているのに、最終的には追加料金分の約100万円を支払う結果になっているという実態がわかります。

式場側はとにかく成約に持ち込み、キャンセル料を盾に囲い込みたいので、当初見積もりは低く打ち出し、打ち合わせを重ねる中で、様々な追加料金を発生させる仕組みが常態化しているのです。

たとえば、当初は一番グレードの低い料理で見積もられていたが、実際の内容を見て、最終的にはゲストへの配慮からグレードを上げた、というのはよく聞くケースです。

その他、追加料金の発生しやすいタイミングは下記の通りです。

式場決定後に追加料金が発生しやすいタイミング

5ヶ月前

(式場との打合せスタート)

衣装合わせ
4ヶ月前 招待状発送
3ヶ月前 各種打ち合わせ

(進行・ビデオ・写真・席次表)

2ヶ月前 料理・アイテム・演出決め(花やケーキ)

前撮り

1ヶ月前 引出物決め

これを式場決定前に知っておくと喧嘩しなくなります

入金時に大きな金額を用意する必要があります

全体の収支で言えば、持ち出し=最終金額-ご祝儀なのですが、入金のタイミングが式の2週間前、つまりご祝儀をいただく前になる事が主流です。

会場によっては当日払い、後日払いを採用しているところもあります

たとえば、最終金額300万円、ご祝儀200万円で、持ち出しは100万円用意しておけばいいと思っていると、入金は300万円必要ですので払えなくなります。

基本的なことですが、計算した持ち出し分しか用意しておらず、式のお金が払えなくなり、焦って険悪なムードに…ということが無いように気をつけましょう。

費用面で後悔しないための戦略が必要です

大事な大事な結婚式、費用のことで後悔しないためのポイントは2つです。

ポイント

  1. 納得した条件・価格で式場を決める
  2. 当初見積もりからの価格アップをできるだけ抑える

1.納得した条件・価格で式場を決める

当初の見積もりが納得したものでなければ、結婚式の準備期間中はもちろん、式が終わってからもずっと後悔する可能性が高いので、妥協せずに納得した見積もりをしてもらいましょう。

その際、結婚式相談カウンターの割引サービスの利用は必須です。

カウンターを通さず個人でふらっと式場に行った場合と比べ、カウンターを通しただけで50万円から100万円以上の割引が簡単につきますので、使わないのはバカバカしいです。

また繰り返しになりますが、式場の提示する当初見積もりは、安く見せて契約を得るために、最低限の条件となっています。

ドレスは何着着たいのか、料理は一般的なグレードで入っているか、写真やビデオは欲しいか。

外せない条件を全て入れた見積もりで判断することが重要ですが、実際の見積もり表は複雑で項目が多く、後からどの項目で追加料金が発生し得るか、素人の私たちが見極めるのは至難の業です。

見積もり表の見方については、こちらの記事をご覧ください。

そんな顧客のニーズに応えるため、最近は結婚式相談カウンターで見積添削サービスを展開しています。

これはかなりお勧めで、中立な立場で見積もりを細かくチェックしてくれるだけでなく、添削した結果、予算オーバーになった等の事態があれば、柔軟に価格交渉してくれます。

式場選びの最初から最後まで、カウンターを上手に利用し、後悔がないようにベストな式場を押さえましょう。

2.当初見積もりからの価格アップをできるだけ抑える

どんなに当初見積もりを精査しても、実際に打ち合わせをする中で、追加料金は発生します。

しかし式場に言われるがままに追加していくと、結局予算オーバーになってしまいます。

本サイトではできるだけ安く満足の行く結婚式を作り上げるためのたくさんの技を紹介していきます。

これらの技を参考にして、できるだけ当初見積もりからの価格アップを抑えましょう。

 

費用で喧嘩したくなかったらまずは結婚式相談カウンターに行こう

見積もりから支払いまでがどんな流れになっているかをお伝えしました。

この流れを知らずに式場に行くと、いつの間にか式場のペースになってしまいます。

式場は営業のプロですから、あなたの気分を損なうことなく上手に価格を上げてきます。

そのまま契約してしまったら、なんで決めてしまったのか、と喧嘩することは必至です。

結婚式相談カウンターでは、あなたのやりたいこと・予算を元にして、ピッタリの式場を紹介してくれ、大幅な割引サービスが受けられるのみでなく、細やかなアフターサービスで追加料金を最低限におさえるサポートをしてくれます。

無料ですので、まずは気軽に大手のカウンターに行ってみましょう。

カウンターに行ったからといって、かえって結婚式料金が高くなるとか、どこかの式場を無理に勧められるということはありませんので、安心してくださいね。

各社、強み、弱みがありますので、本サイトでは大手3社の組み合わせ活用を推奨しています。

詳しくはこちらの記事へどうぞ。

ゼクシィ・マイナビウエディング・ハナユメを徹底比較!ベストな式場を最安値で押さえるための結婚式相談カウンターの活用方法

  結婚式相談カウンターを使った方が良いみたいだけど、 色々な会社があって、どれを使えば良いのかわからない   こちらの記事で結婚式相談カウンターは絶対に利用すべき、というお話をし ...

続きを見る

 

マイナビウェディング

関東から近畿エリアを中心に多くの式場を掲載しているのが「マイナビウェディング」

無料のサポートデスクが全国各地にあり、Web上での相談もできます。7/18まで、ブライダルフェアに参加すると最大で35,000円分の商品券がもらえるキャンペーンを実施中です。

ハナユメ

ローラさんの結婚式で有名な「ハナユメ」

写真が多く掲載されており、見やすく、独自の割引があることが特徴です。


ゼクシィ

結婚情報誌の代表ゼクシィ

式場数やエリアカバーの広さはさすがです。

無料の相談カウンターは全国に用意されており、手厚いサポートが期待できます。


 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは、長田です。
このサイトでは、結婚式準備に悩む人に、特にお金の面で後悔しないようにするための情報発信をしています。

私自身の結婚式はというと、内容に妥協せずに、同地方、同規模の平均額から150万円近く抑えることに成功しました。

式後、同僚や親族からも好評を得て、男の自分からしてもやって本当に良かったな、と胸を張って言える結婚式・披露宴でした。

しかし実は、準備段階で、全てが順調だったわけではありません。

最初は式場選びで大失敗し、60万円という高額なキャンセル料を支払って、一から式場を選びなおした経緯があります。

この失敗を糧に積極的に情報収集をはじめ、最終的には大満足の結婚式を挙げることが出来ました。

これをきっかけに結婚式業界に関心を持ち、今では式場選びから準備段階全般のアドバイザーをしています。

一生に一度の結婚式、それはつまり、私達は結婚式の初心者だということです。

そこをうまく利用し、簡単に大きなお金が動くのが結婚式業界です。

逆に言えば、知っているだけで、数十万円レベルで簡単に得する技が数多くあります。

私自身、今ならば、もっともっとお得に式を挙げられただろうと思うことがいくつもあります。

結婚式関連サイトは数多くありますが、私はどこの回し者でもありません。

式場選びの失敗と成功を両方経験した一顧客の立場から、お得に最高の結婚式をしたい!と願うあなたに、正直ベースで、本当に役立つ情報をお伝えします。

さらに詳しい自己紹介・理念はこちらからどうぞ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

-基礎知識
-, , , ,

Copyright© コスパ最強の結婚式をしよう! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.