個別式場情報

【費用、特徴を徹底比較】本家より断然魅力的!ディズニーオフィシャルホテルでの結婚式

更新日:

木下優樹菜さんや福原愛さんが結婚式を挙げたことで有名になった「ディズニーウェディング」。

ディズニー好きの女性なら(男性でも!)誰もが一度は憧れるでしょう。

しかし当然、夢を実現するにはお金がかかります。

後に詳しく触れますが、実際、東京ディズニーリゾートが提供する結婚式(ディズニー・フェアリーテール・ウエディング)は金銭的にかなりハードルが高いです。

コスパを考慮する上で本サイトがお勧めしたいのが、東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルでの結婚式です。

この記事では、東京ディズニーリゾートが提供する本家の結婚式と、オフィシャルホテルが提供する結婚式について詳しく説明します。

本家とオフィシャルホテルでは何がどう違うのか、詳しく比較したサイトが見当たらないため、具体的にどれほど費用が変わるのか、また6つのオフィシャルホテルのメリット、デメリットを独自に比較調査しました。

なお筆者はディズニーの大ファンという訳でないので、ディズニー関連の表現に誤りがあるかもしれない点、予めご容赦頂きたいと思います。

 

この記事の内容

  • ディズニー本家のウエディングとは
  • ディズニー本家のウエディング費用が高い理由
  • ディズニーオフィシャルホテルとは
  • 6つのオフィシャルホテルの特徴と比較
  • どの会場にすべきか迷ったら

ディズニー本家のウエディングとは

本家のウエディング(挙式)会場には、ミラコスタ、アンバサダー、シンデレラ城の三種類があります。

公式ホームページからそれぞれの説明会やフェアを予約、参加し契約する形になります。

シンデレラ城は最もイメージしやすいですね。

パーク内で挙式したあと、披露宴会場は東京ディズニーランドホテルに移動します。

一日一組限定で、パークのゲスト、キャストからも祝福され、人生で最も輝かしい瞬間、まるで本当のディズニーの主人公のようになれるのが最大の魅力でしょう。

ミラコスタ、アンバサダーではホテル内のチャペルと披露宴会場を使用する点においては一般的なホテルウエディングと変わりません。

ただし、アンバサダーなら「シンデレラ」や「美女と野獣」、ミラコスタなら「アナと雪の女王」「塔の上のラプンチェル」と、公式ホテルならではの圧倒的なディズニーの世界観の中で、プリンセス気分を味わうことができます。

メリット

  • ディズニープリンセスになりきれる
  • ミッキーやミニーたち本人が登場してお祝いしてくれるのは本家だけ(ただしオプション料金あり)
  • 結婚式後、そのままパークで遊べる(特に遠方のゲストには喜んでもらえるでしょう)

デメリット

  • とにかくディズニー縛り

レセプションに飾る写真やオブジェに至るまで、ディズニー公式ロゴが入っている物でなければならず、オリジナリティは全くと言っていいほど出せません。

ここまで縛りのある式場はおそらく他にないでしょう。

  • ゲストへの配慮

年配のゲストや上司など、特にディズニー好きでない方には押し付けがましく、居心地の悪い思いをさせてしまう場合もあります。

  • 料金が高過ぎる

 

憧れのディズニーウエディングも、少し現実的になれば、予算やゲストへの配慮など、頭を悩ませる問題が出てきます。

実際、ネットの口コミを見てみると、相当なディズニーファンでも、本家の結婚式を選ぶ方はそう多くないようです。

一方、オフィシャルホテルで式を挙げれば、ミッキーの仲間たちの出演以外のメリットをそのまま享受した上で、上記デメリットを補うことができるのです。

特に大きいのが料金面ですが、そもそもどうして本家のウエディング費用は高いのでしょうか?

また、実際金額にしてどのくらい違うものなのでしょうか?

ディズニー本家のウェディング費用が高い理由

公式ホームページに記載のあるシンデレラ城挙式の価格は、ゲスト50名で790万円。

追加1名あたり39000円です。

60名規模の式の日本の平均価格がおよそ350万円と言われていますから、いかに強気の価格設定かお分かり頂けますよね。

ミラコスタ、アンバサダーでも500万円は簡単に超えてきます。

内容の足し引きで多少の価格変動はありますが、当然、値引き交渉にはビタ一文応じてくれません。

なんでこんなに高いのか、詳しく調べると、さまざまな要素が積み重なって大きな差額となっていることがわかります。

以下は参列者60名の場合の比較例です。

会場費

おそらく皆さんが初めに思い付く項目でしょう。

シンデレラ城の使用料は250万円と、一般的なチャペルの使用料と比べて200万円以上はね上がります。

ミラコスタ、アンバサダーでのセレモニーであれば価格は下がりますが、それでも一般的な会場費と比較するとかなり割高です。

料理

料理は結婚式の料金を最も大きく左右する項目です(詳しくはこちらの記事をどうぞ)。

グレードにもよりますが、単純に各ホテルの真ん中のグレードで比較すると、単価で10,000円、60名分をかけると60万円の差になります(一般的な式場は12,000円/人が相場と言われているところ、本家ミラコスタ・ウエディング・ディズニー・ディ・クオーレは22,000円/人)。

ドレス

ディズニープリンセスのドレスはとても人気が高いため、都内のホテルや式場でも提携しているところはあります。

あくまでオプションとして選べる、という形ですが、ディズニー公式はもちろんドレスも公式縛りです。

こちらもランクは様々ありますが、一般的なドレスレンタルの単価と比べておよそ20万円の差に、お色直しする場合はその倍になります。

持ち込み禁止

結婚式のコスパを追及する上で「持ち込み」は基本中の基本(詳しくはこちらの記事へ)。

ところがディズニー公式ではこれが許されません。

ペーパーアイテムから引き出物に至るまで、全て公式の物を使わなければならず、単価が上がります。

ペーパーアイテムだと+10万円、引き出物だと+20万円程度です。

※引き出物はパーク内のスベニアショップの商品となります。お土産感覚ですね。

 

ここまでの総額だけでも、一般的なホテルウェディングと比較して、シンデレラ城挙式で300万円、ミラコスタ、アンバサダーでも150万円以上の差になります。

ディズニーがいくら好きでも、公式にこだわるためだけに払える金額か、と言うと少し難しい人が出てきますよね。

ミッキーの仲間たちにサプライズ登場してもらう場合は、オプション料金1人5万円。

ゲストをお出迎えしてもらうのには別途約20万円かかります。

その他ゴンドラオプション30万円、パーク内での記念撮影60万円等、装飾や演出、何一つとっても単価が高いため、内容を盛り込むほどに割高感は増していきます。

通常の式場で挙げる場合の約2倍になると考えておけばよいでしょう。

 

もちろん、小さい頃からの夢を叶えるために、これだけのお金をかける価値を感じられれば、是非その夢を叶えていただければいいと思います。

ディズニーオフィシャルホテルとは

東京ディズニーリゾートの周辺にはシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル、ヒルトン東京ベイ、ホテルオークラ東京ベイ、東京ベイ舞浜ホテル、東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート、東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾートの6つのオフィシャルホテルが存在し、最寄り駅であるJR舞浜駅からそれぞれ無料のシャトルバスが出ています。

各ホテル、ウエディング部門には大きな力を入れており、ディズニーリゾートで結婚式を挙げたい人は、チェック必須です。

 

オフィシャルホテルで結婚式をあげるメリット

  • 程よくディズニー色を出しつつ、本家の半分程度の価格で式を挙げられる

本家がガチガチのディズニー縛りであるのに対し、オフィシャルホテルは持ち込み品の取り扱い基準等は一般的な式場と同じ。

適度にディズニーのテイストを取り入れながら、自分らしさも発揮することができます。

上司や年配のゲストに考慮した、ディズニー色をおさえた演出や装飾も選ぶことができますね。

もちろん、全て公式でいくより費用を大幅に抑えられるという経済的メリットは大きいでしょう。

  • 遠方のゲストのホテル代を新郎新婦、もしくはゲストのどちらが持つとしても、ミラコスタ、アンバサダーと比べて宿泊費を抑えられるのも大きなメリットと言えます。
  • 結婚式後にそのままパークで遊べる、という魅力はオフィシャルホテルでも健在です。

正確には、パーク内で式を挙げた場合と比べれば、シャトルバスに乗る分若干不便にはなりやすが、式の後はただでさえ 荷物を置いたり着替えたりとガチャガチャするので、ほぼ差は感じられ無いと言っていいでしょう。

6つのオフィシャルホテルの特徴と比較

前述の通り、各ホテルがウエディングにかなり力を入れていますが、ホテルごとにコンセプトが全く異なることはあまり知られていません。

東京ベイ舞浜ホテル及び系列のファーストリゾート、クラブリゾートはパークの楽しい雰囲気をそのままに、希望すればディズニーの世界観をたっぷり演出してくれる一方、シェラトン、ヒルトンは各ホテルのネームバリューがありますので、あくまで「ディズニーリゾート内という好立地で格式の高いホテルウェディングを」というスタンスです。

ホテルオークラは両者のいいとこ取りと言った位置づけで、日本の老舗ホテルオークラの名前を冠しつつ、アットホームでディズニー感を楽しめる手頃な結婚式が挙げられます。

 

 

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート(旧サンルートプラザ東京)

出典先:マイナビウエディング| 東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート(旧:サンルートプラザ東京)|衣裳・フォトスポット フォトギャラリー

料金 

ディズニーの世界観 

景観 

ここは、千葉県内の結婚式場でコスパ一位に選ばれており、サービスに対してとにかく値段が良心的です。

さらに、会場装飾と食事において、ディズニープリンセスのテーマを全面に出し世界観を作り上げているのは、ミラコスタ、アンバサダーとこのファーストリゾートだけ

もちろん、ディズニーとは関係の無いクラシックなデザインも豊富で、上司の席、友人の席等、卓ごとにデザインを変えられるのは大変な細やかなサービスです。

披露宴会場からは左に海、右側にディズニーランドのシンボル、シンデレラ城が見え、オフィシャルホテル内でも特に好立地になっています。

以前は、ビジネスホテルのイメージの強い「サンルート」という名前がどうしてもネックに感じられましたが、改名により気にならなくなりました。

ディズニーリゾート内での式を考えるなら初めに確認しておきたい式場です。

ブライダルフェア予約はこちらからどうぞ。

東京ベイ舞浜ホテル

出典先:マイナビウエディング| 東京ベイ舞浜ホテル|フォトギャラリー

料金 

ディズニーの世界観 

リゾート感 

ファーストリゾートの系列で、大きなプールが特徴的な、よりリゾート感の強いホテルです。

披露宴会場は円形になっており、収容人数が少ないのがネック。

50名以下の少人数での式を考えている場合は、開放感溢れる会場で晴れやかな式を挙げることができるでしょう。

私が参加したブライダルフェアでは豪華な試食がフルコースで食べられ、それだけでも大満足でした。

フェア予約はこちらから。

東京ベイ舞浜ホテル  クラブリゾート

出典先:マイナビウエディング| 東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート|フォトギャラリー

料金 

ディズニーの世界観 

高級感 

景観 

こちらも東京ベイ舞浜ホテル系列で、少し高級志向なホテルになります。

ディズニーリゾートの楽しい雰囲気も取り入れつつ、エレガントで上質な式にしたい、という方向け。

後にご紹介するシェラトン、ヒルトンよりも高いコスパで満足度高い格式ある結婚式が実現します。

フェア予約はこちらから。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ

出典先:マイナビウエディング| シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル|ファミリーウエディング フォトギャラリー

料金 

ディズニーの世界観 

高級感 

貸し切り感 

オフィシャルホテルのうち、おそらく最もウエディングに力を入れています。

シェラトンのネームバリュー相応の上質で豪華な結婚式がディズニーリゾート内で挙げられますので、上司や年配の方を呼ぶのも安心です。

内容は特にディズニーにこだわっているという訳ではありませんが、持込装飾等で自分である程度演出することは可能です。

海、ガーデン、室内、アットホーム式と、要望に応じたパーティールームは11もあり、どんな客層、人数にも対応できます。

ただ外資らしく、あちこちの会場での結婚式を効率的にどんどん回す、というイメージなので、「準備段階の打ち合わせ回数が最低限でビジネスライクに感じた」「たくさんの花嫁がホテル内を行き来して貸し切り感が無かった」と言った口コミも。

オフィシャルホテルの中では最も高級で、値段も高めの設定になります。

フェア予約はこちらから。

ヒルトン東京ベイ

出典先:マイナビウエディング| ヒルトン東京ベイ| フォトギャラリー

料金 

ディズニーの世界観 

高級感 

景観 

貸し切り感 

外資と言う共通項もあり、シェラトンと似た雰囲気ですが、価格帯はシェラトンより少し低め。

格式を大事にしながら、少しでもコストを抑えたい、という方に向いています。

披露宴会場からはディズニーシーが一望でき、ディズニーファンのゲストからは喜ばれるでしょう。

ブライダルフェアでは実際に式を体験する事もできます。

フェア予約はこちらから。

ホテルオークラ東京ベイ

出典先:マイナビウエディング| ホテルオークラ東京ベイ|イルミネーション~冬のホテルオークラ東京ベイでゲストの記憶に残る一日を~ フォトギャラリー

料金 

ディズニーの世界観 

高級感 

貸し切り感 

ここまでご紹介した他のホテルの良いとこ取りのような位置づけです。

オークラ自体は日本の老舗ホテルなのでネームバリューは抜群ですが、実態は虎ノ門のオークラ東京とは全く違うホテルと言って良いです。

ディズニーリゾートの客層に合わせ、高級感ではなく、ファミリー向けの楽しい雰囲気を重視しています。

チャペルや披露宴会場は、専用に作ったというよりは、元ある部屋を改築した感じがあるのが少し残念ですが、 その分結婚式のコスパはかなり良いです。

ファーストリゾートほどこだわってはいませんが、ディズニーコンセプトの装飾もあり、シェラトン、ヒルトンより自由度高く自分らしく飾りつけることもできます。

何より細やかなサービスで、式当日のみでなく、準備中から満足できたという口コミが多く見られます。

ブライダルフェアでは、可愛いスイーツが全員無料で食べられます。

予約はこちらから。

 

さらにこちらのサイトでも、東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル結婚式特集が掲載されていますので、気になる方は参照ください。

どの式場にしようか迷ったら

ここまでディズニーオフィシャルホテルの特徴をまとめました。

ディズニーリゾート向け無料シャトルバスがあるホテルとしては、少し範囲を広げれば、舞浜駅の隣、新浦安駅付近に4つの「パートナーホテル」、また台場、有明や幕張には11の「グッドネイバーホテル」が点在しますが、この中で結婚式を挙げられるのは新浦安のブライトンホテル、オリエンタルホテルのみです。

これらホテルでは特にディズニーコンセプトに特化したサービスは行っていませんので、国内で「ディズニー+結婚式」の組み合わせを考えるのであれば、本記事でご紹介した中から選ぶことになります

是非各式場にご自分で足を運んで雰囲気を感じ、見積もりを取って、自分にピッタリの会場を見つけてみてください。

忙しくていくつも回っていられない、という方は、無料の結婚式相談カウンターで効率よく情報収集するのも手です。

あなたのイメージや予算、やりたいことを上手に引き出し、最適な式場を見つけてくれることでしょう。

一生に一度の結婚式、素敵な結婚式場に出会い、あなたの夢が叶うことを願っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは、長田です。
このサイトでは、結婚式準備に悩む人に、特にお金の面で後悔しないようにするための情報発信をしています。

まず私自身の結婚式のことをご紹介すると、内容に妥協せずに、同地方、同規模の平均額から150万円近く抑えることに成功しました。

式後、同僚や親族からも好評を得て、男の自分からしてもやって本当に良かったな、と胸を張って言える結婚式・披露宴でした。

結婚式というものは内容を簡素にすれば、平均額から150万円抑えることは正直言って容易ですが、そういった激安プランの実態は、内容的にも料理のランクは最低・ドレス1着のみ、など最低限のものとなります。

つまり、内容も満足させた上で、平均額から150万円抑えるというのは簡単にできることではないので、それを達成できたというのは自分自身でよくやったな、と思います。

しかし実は、準備段階で、全てが順調だったわけではありません。

最初は式場選びで大失敗し、60万円という高額なキャンセル料を支払って、一から式場を選びなおした経緯があります。

この失敗を糧に積極的に情報収集をはじめ、最終的には大満足の結婚式を挙げることが出来ました。

これをきっかけに結婚式業界に関心を持ち、今では式場選びから準備段階全般のアドバイザーをしています。

一生に一度の結婚式、それはつまり、私達は結婚式の初心者だということです。

そこをうまく利用し、簡単に大きなお金が動くのが結婚式業界です。

逆に言えば、知っているだけで、数十万円レベルで簡単に得する技が数多くあります。

私自身、今ならば、もっともっとお得に式を挙げられただろうと思うことがいくつもあります。

結婚式関連サイトは数多くありますが、私はどこの回し者でもありません。

式場選びの失敗と成功を両方経験した一顧客の立場から、お得に最高の結婚式をしたい!と願うあなたに、正直ベースで、本当に役立つ情報をお伝えします。

さらに詳しい自己紹介・結婚式への想いはこちらからどうぞ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

-個別式場情報
-, ,

Copyright© コスパ最強の結婚式をしよう! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.